センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)

 第82回選抜高校野球大会で22日、21世紀枠で出場した向陽(和歌山)に1−2で敗れた開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)が、試合後のインタビューで「21世紀枠に負けて末代の恥です」などと発言した。日本高校野球連盟は「事実確認をしたい」としており、発言の趣旨などを確かめる。

 野々村監督は「恥ずかしくて立ち上がれません」とも述べた。

 21世紀枠は、昨秋の都道府県大会ベスト8以上の学校などを対象に地域への貢献活動など野球以外の活動も加味して選考している。

 取材に対し、開星の大多和聡宏(あきひろ)校長は「監督と連絡がつかない」としながら「仮に相手に失礼な発言をしたのなら、礼儀に反すること。まずは事実関係を把握し、(監督に)指導すべき点は指導したい」と述べた。

<お別れの会>村松巌さん=4月5日、仙台勝山館で(毎日新聞)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
農地法違反問題 輿石氏宅を自民議員ら調査(毎日新聞)
わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万(読売新聞)
伊能忠敬の測量器具、国宝に…文化審答申(読売新聞)
[PR]
by m7qoa4hdnl | 2010-03-25 22:33


<< 浜松町駅で女性飛び込み 山手線... <大洋薬品工業>配合量誤り業務... >>