<大江健三郎賞>中村文則さんの長編小説「掏摸(スリ)」に(毎日新聞)

 第4回大江健三郎賞(講談社主催)が作家、中村文則さん(32)の長編小説「掏摸(スリ)」(河出書房新社)に決まった。ノーベル賞作家の大江さんが昨年1年間に刊行された文学作品から一人で選考。受賞作は翻訳され、世界に紹介される。選評は7日発売の文芸誌「群像」5月号に掲載される。

死と向き合う教育広めたい―孤独死対策活動家の中沢氏(医療介護CBニュース)
NPO優遇税制拡充へ=税額控除導入など柱−政府税調(時事通信)
<選挙費用>未払いのまま連絡取れず…落選の国民新党候補(毎日新聞)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
<キヤノン工事脱税>大光前社長の腹心 被告に実刑判決(毎日新聞)
[PR]
by m7qoa4hdnl | 2010-04-13 16:41


<< 「市議は楽な商売」阿久根市長が... 債務残高比率「安定的に縮減」=... >>