介護職員、勤務1年以下が20%―福島県の介護関連NPO法人が調査(医療介護CBニュース)

 福島県で介護施設を運営するNPO法人「まごころサービス福島センター」は4月21日、県内600の介護福祉施設の経営者と職員を対象に実施した実態調査の結果を発表した。それによると、勤務年数が1年以下の職員が20%であることなどが分かった。

 調査は厚生労働省の委託事業で、今後の介護福祉施設の経営基盤強化と、職員の待遇改善に生かすことを目的に今年1月5―29日に実施された。経営者と職員に分けて調査し、148施設の計314人から回答を得た。

 経営者に職員の勤務年数を尋ねたところ、「1年以下」が20%で最も多く、「3―4年」(19%)、「1―2年」(17%)と続いた。5年以下が7割を占めている。今後の経営課題(複数回答)については、「職員の創意工夫」(70%)、「介護保険制度の改正」(67%)、「地域連携」(59%)が多い。

 職員への調査では、継続勤務に必要な条件(複数回答)について、「給料」(68%)、「安定性」(41%)、「将来性」(36%)などが多かった。行政や地域への要望では、「利用者と現場の理解」が23%で最も多く、「介護制度の整備」(15%)、「関係団体との連携」(14%)、「研修制度の充実」(12%)と続いた。

 厚労省介護雇用管理改善推進事業の半田節彦担当推進員は、調査結果について「法改正や事業拡大での経営向上と職員の処遇改善には時間がかかるため、職員の創意工夫、家族と地域による介護が必要だと分かった」と話している。


【関連記事】
団塊世代が働く理由、「経済的理由」が7割
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
65歳以上、過去最高の22.7%
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区

<グループホーム>6割がスプリンクラー未設置(毎日新聞)
<雑記帳>「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で−政府(時事通信)
<殺人>父親殺害?逃走中の息子、バスと衝突死 大阪・枚方(毎日新聞)
[PR]
by m7qoa4hdnl | 2010-04-27 00:09


<< キャバ嬢から天引きの所得税を脱... オキアミ、素干しでいかが=魚の... >>